NPO法人 みどりのオアシス・サポートクラブ

私たちがお手伝いいたします 私達は、長年携わってきた緑化造園の技術と経験を活かし、生活の周囲に緑あふれる環境を創る活動をします。

知識技能の啓蒙活動

先月の第1回目に引き続き、2回目の市民講習会を以下の内容で開催しました。

日 時
平成26年5月23日(金)午後1時30分~3時30分
会 場
札幌市清田区平岡9条4丁目 平岡公園町内会館
受 講 者
6名(内訳男性1名、女性5名)
講 師
平松徳雄氏(当法人会員、1級造園技能士)、武石隆夫(当法人理事長)
講習内容
出前講習会「庭木の手入れ(ツツジの剪定他)」、「芝生の管理方法」

 

「庭木の手入れ(ツツジの剪定ほか)」 講習時間:約1時間

  • (1) 花が咲かないとき
  • (2) 花灌木の花芽の付き方について
  • (3) 樹種ごとの説明・・・ツツジ類、シャクナゲ、サクラ、ライラック、ウメ、モクレン、ユキヤナギ、
    レンギョウ、カイドウ、ぼけ、オオデマリ、ボタン、アジサイ、ムクゲ、ハギ

講習会

 

「芝生の管理方法」 講習時間:約30分

  • (1) 北海道の芝生の特徴
  • (2) 管理作業・・・刈込、施肥、散水、除草、コアリング・スパイキング、目土

講習会

 

「庭での実施講習」 講習時間:約30分

 会館での座学講習が終了した後、会館近くの受講者のお宅の庭へ全員で移動し、実地講習を行いました。 座学で受講したツツジをはじめとする花灌木を中心に、花後の手入れ方法について、平松講師よりお庭にある灌木で実際に剪定等も行いながら説明をしました。

講習会

 

講習会

 

講習会

 

<感想>

今回は、受講者も少なく講習が盛り上がらないのかと思いましたが、逆に少人数のおかげで、活発な質問疑問の問いかけが多くあり、また、前回と同じ受講者が6名中4名と、講師とのコミュニケーションも取れていて、有意義だったと思います。 さらに、初めて実際のお庭の灌木を手入れする実習も、受講者の方は大変参考になったと思います。 「継続は力なり」。今後も同じような方法で続けていきます。 受講者が少ないのはもったいない気がしてなりません。もう少し受講者が増えるような企画等を考えていかなければと思います。

講習会